包茎手術で泌尿器科では保険適用での手術が可能

包茎手術を希望する場合、まずは病院で数多くある診療科の中から何処を受診したらよいのかわからないという人も多いです。
確かに包茎手術を専門的に行っているクリニック自体はありますが、通常の病院で治療を希望する場合は診療科をどこにしたらいいかわからない事も多いです。
男性の包茎の場合は相談する上で、一般的な病院であれば泌尿器科の受診になります。
泌尿器科の場合は包茎に関する相談だけでなく、手術での治療も行っているので安心です。
また包茎手術自体も保険適用での治療となるので、費用面の負担もぐっと抑える形で治療を行う事が出来ます。
泌尿器科だからこそ包茎だけでなく泌尿器関係もあわせて相談する事ができるので、より適切な治療を行ってもらう事が可能です。
ただし泌尿器科の場合は包茎の治療を前提に行うので、術後の見た目や傷後といった配慮が乏しい事が多いです。
そのため相談する際に術後の傷跡も含めて、細かく治療内容を確認しておく事がポイントとなります。

包茎手術で形成外科の場合は仕上がりが綺麗にできる

包茎手術を相談する診療科として、一般的な病院であれば形成外科でも治療してもらう事が可能です。
形成外科では包茎の状態にあわせた複数の包茎手術を選べる事が多く、保険適用の手術だけでなく自費負担となる手術なども選ぶ事が出来ます。
また形成外科での包茎手術の場合は、仕上がりなどの見た目の配慮もされている事がほとんどです。
そのため保険適用で費用を抑えつつ、仕上がりなども綺麗な手術を受ける事ができる場合もあります。
ただし病院によっては包茎手術を行っていない事もあり、全ての病院で対応しているかどうかは異なります。
形成外科を受診しても泌尿器科へ紹介される場合もあるので、実際に利用する病院で希望する診療科での包茎手術が行われているかどうかを確認しておく事が大切です。
病院での包茎手術を希望する場合は術後のケアについては、不安があっても入院することでより安心して治療を受ける事も可能となります。

まとめ

専門的な包茎手術を行うクリニックではなく、一般的な病院であっても診療科によってはしっかり包茎手術の治療を行う事は可能です。
泌尿器科や形成外科は病院によってない場合もあるので、事前に調べてから利用する事も重要なポイントとなります。
利用する診療科毎に手術費用や手術の内容自体に違いがあり、術後の仕上がりにも違いがある事がわかります。
それぞれの診療科による良い点や相違点なども含めて、自分で納得したうえでどちらの診療科で治療をするのか決める事が大切です。